CBDオイルとアントラージュ現象のことならCBDジャーナル

アントラージュ現象とは?





一口にCBDオイルと言っても、その成分はCBDをメインにしたものから、他の天然植物成分をブレンドしたものまでさまざまです。

一見ピュアなCBD成分のみを配合した製品の方が効果が高いように感じられますが、実は他の植物成分とブレンドされた製品の方がより高い効果を実感できるケースがあるのです。
それは、カンナビノイドが持つ『アントラージュ現象』という効果によるもの。


一体アントラージュ現象とは何なのか、より高い効果を得るためにはどのようなCBD製品を選べば良いのか、当ページで詳しく解説していきます。


 

アントラージュ現象とは



アントラージュ現象

アントラージュ現象とは、一言で言えばCBDオイルの持つ作用を増幅させる効果のことを言います。

CBD成分を単体で摂取するよりも、CBD以外のカンナビノイドやテルペンなどと同時に摂取することで、相乗効果によりさらに高い効果が期待できるのです。



アントラージュ現象は1998年にイスラエルの科学者ファエル・メコーラムによって発見されました。

その内容は、”自然な状態で複数の化合物を組み合わせたときに生まれる結果は、単なる合計よりも数倍の影響が生まれる”というものでした。

つまり、2+2=4ではなく、5にも6にもなるということです。

異なる化合物が互いの潜在能力を増幅し合い、CBDが持つ効果をより倍増させます。



イーサン・ルッソ博士は、ナビキシモルスが薬効を示すためには、カンナビノイドとテルペン類の相互作用が重要だと述べています。


つまり、個々のカンナビノイドを単独で使用するよりも、複数の成分を含む大麻の抽出物を使用した方がより効果が高く、副作用も軽減できると言うのです。


 

CBDオイル製品には2種類ある



CBD成分

CBDオイル製品には大きく分けて、精製された純度99%のCBDを元にした製品と、麻やヘンプから抽出される製品の2種類があります。



まず前者の高純度製品ですが、こちらはアイソレートやクリスタルと呼ばれる、CBD濃度が99%以上の結晶でできたものです。

これらは抽出されたCBDオイルをろ過・精製することで、ピュアなCBDのみを製品としています。


したがって、通常植物内に含まれているカンナビノイドやテルペンといった成分は一切含んでいません。

そのため、こういった純度の高い結晶タイプのCBD製品を摂取してもアントラージュ現象は発生しないのです。


2015年にイスラエルのエルサレム大学が発表した「精製されたCBDに関する研究」では、精製CBDの投与量を増やしていくと、ある一定の量でそのパワーがピークに達し、それ以降は用量を増やしても反応は低下していく現象が起こることが分かりました。

これは単体CBDの釣鐘状用量反応と呼ばれており、精製されたCBDしか入っていない製品の限界を示唆した結果でした。


アントラージュ現象
(出典:https://www.medical-cannabis-project.jp)


つまり、いくら純度の高い製品でも、CBD単体の成分ではその効能には限界があります。

それどころか、ある一定の量を超えた時点で、逆にその効能はどんどん低下していくのです。



一方で、後者の麻やヘンプから抽出されたタイプのCBD製品に関しては、数多くの化合物が含まれています。

ヘンプ特有の化合物であるカンナビノイドの中だけでもCBD、CBF、CBNなどの80以上の成分がある上、さらに他にもテルペン、フラボノイド、ミネラル、ビタミンなど、様々な栄養素が豊かに含まれています。

植物から直接抽出されたCBDオイルはこれらの活性化合物がたくさん詰まっており、こうした天然植物成分が相互作用しアントラージュ現象となるというわけです。

 

植物エキスの相乗効果はどんなものがある?




植物エキスの相乗効果について、ヒルデベルト・ワーグナーとグートルン・ウルリッヒは次のように発表しました。
 
・耐性菌にアプローチ

アントラージュ現象は、様々な細菌感染症を治療するのに有効です。
カンナビノイド自体は抗菌性を持っていますが、細菌は時間をかけて抗生物質に対抗するために耐性菌を生み出します。
そのため耐性菌に対抗するには、カンナビノイドだけでなく、非カンナビノイド成分の抗菌性も用いて、異なる経路を介し最近にアプローチするのが有効であるということがわかりました。


・活性成分の吸収を促進

とあるアレルギー性皮膚炎に関する実験によると、β-カリオフィレンのようなテルペノイドの助けを借りることにより、カンナビノイドの吸収を増加させることが明らかになりました。
皮膚疾患などの局所剤の吸収に関しては、このようなテルペノイドを含んだ製品の方がより効果が期待できるということです。


・有害な副作用の最小化

アントラージュ現象によって、特定のカンナビノイドの副作用を他のカンナビノイド成分で抑制することが明らかになりました。
その事例として、患者によってTHCの酩酊効果が表れた場合、このTHCの負の作用をCBDが調整することがわかっています。
(※CBDオイルにはTHC成分は一切含まれていません)



 

アントラージュ効果でCBDオイルを選ぶ



 

アントラージュ効果の高いCBDオイル


基本的にフルスペクトラムヘンプオイルは、アントラージュ効果が高いと言われています。

フルスペクトラムとは、原液由来の数多くのカンナビノイド類を含んでいるエキスのことを指します。

つまり、各種カンナビノイドや、テルペンなどがたっぷり配合されたCBD製品に関しては、基本的に高いアントラージュ効果が期待できます。



また「ロウCBDオイル」と呼ばれる製品やペーストタイプの製品も、植物成分がたっぷり含まれているため同様の効果が見込めます。

ペーストタイプの製品は、オイルと異なりCBD成分が凝縮されているため、少量でたくさんのCBD成分を吸収することが出来るのでおすすめです。

 

アントラージュ効果の低いCBDオイル


アイソレート(結晶)タイプのCBD製品は高純度なため、アントラージュ効果の低いCBD製品と言えます。

アイソレートタイプはCBD成分のみを抽出したCBDオイルです。
CBD成分以外のカンナビノイドやテルペンは含まれていないため、アントラージュ現象が発生することはありません。


また、アイソレートタイプにオイルを混ぜて作られているCBDオイルに関しても、アイソレートタイプと同様CBD成分以外のカンナビノイドやテルペンなどは含まれていないので、アントラージュ効果は低いと言えます。

 

アントラージュ効果の低いCBDオイルは悪いの?




上述したように、アイソレートタイプのCBDオイルではアントラージュ効果は期待できません。

では、アイソレートタイプの製品があまり良くないのかと言うと、そうではありません。

精製された純度の高いCBD成分を気軽に摂取できるのは、アイソレートタイプだけの特徴です。


ロウタイプのCBDオイルはヘンプ独特の青臭いような風味が強く、苦手な方も少なくありません。
直接舐めて摂取するには抵抗のある人もいるかもしれません。


しかしアイソレートタイプであれば、いつでも手軽に摂取しやすく、無味無臭のため飲みやすいのが特徴です。
大量に飲みたい場合であっても、無理なく摂取することができます。


アントラージュ効果が低いからといって、その製品が質の低いものであるというわけではありません。

自分の目的に合ったCBDオイル製品を選ぶようにしましょう。


 

まとめ

 
☑ アントラージュ現象とは、「相乗効果」のこと
☑ CBD単体摂取よりも、他の植物成分とブレンドされた製品の方が高い効果が期待できる
☑ アントラージュ効果が高いのは「フルスペクトラムオイル」「ロウCBDオイル」
☑ アントラージュ効果が低いのは「アイソレートタイプ」
☑ ”アントラージュ効果が低い=製品の質が悪い”わけではない

関連ニュース

  • タイ医療大麻

    タイ初!医療大麻専門のクリニックがオープン

    タイ初となる医療大麻専門のクリニックが、8月17日、タイ東北部ナコンラチャシマ県の国立マハーラートナコンラチャシマ病院に新たにオープンしたようです。 続きを読む

  • 日本カンナビジオール研究会

    日本カンナビジオール研究会 第1回研究会が東京で開催決定!

    「日本カンナビジオール研究会」の第1回研究会が2019年10月6日、東京にて開催されることが決定しました。 続きを読む

  • エピディオレックス

    てんかん治療の新薬「エピディオレックス」米国に次ぎ欧州でも承認?

    近年、大麻から抽出した安全な成分であるCBD(カンジナビオール)が人気を集めています。 そんな中、世界の医学界で注目を浴びているのが、CBDを含む医薬品「エピディオレックス」。 エピディオレックスはてんかんに有効な治療薬として、海外で承認の動きがみられています。 続きを読む

  • ロブ・グロンコウスキー

    元パトリオッツのスター、ロブ・グロンコウスキーがCBDMEDICとのパートナーシップを発表

    8月27日、Rob Gronkowski(ロブ・グロンコウスキー)はニューヨーク市でCBDMEDIC Topical Pain ProductsのメーカーであるAbacus Health Productsと提携することを発表しました。 続きを読む

  • 睡眠

    2時間睡眠を減らすと毛穴の大きさが2倍に!?睡眠の質を上げる4つの方法

    最近の現代人は、忙しさにかまけ、つい睡眠時間を削りがちです。 確かに、睡眠時間を短縮して仕事を頑張ったり、自分の趣味や美容に時間を費やしたりして充実した時間を過ごすことはとても良いのですが、見逃せないデメリットもあります。 それが、肌に対する悪影響です。 続きを読む

オススメのCBDオイル

  • 麻の一滴

    【NatuLo(ナチュロ)】麻の一滴 CBD300mg 30粒

    商品概要
    商品タイプ 錠剤タイプ 価格 500円
    CBD含有量 300mg ブランド NatuLo(ナチュロ)
    口コミ評価 ★★★★★ ランキング 第1位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第6位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第9位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

売れ筋

麻の一滴
今最も支持されているCBDオイルはこれ!

CBDオイル人気ランキング

  1. 麻の一滴
    1位
    NatuLo(ナチュロ) 【NatuLo(ナチュロ)】麻の一滴 CBD300mg 30粒
    錠剤タイプ 300mg 500円
  2. 	CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    オイルタイプ 1000mg 14,390円
  3. CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    オイルタイプ 500mg 6,980円

人気記事ランキング

  1. 麻の一滴CBD
    1位

    麻の一滴CBDで頭痛は治る?実際に頭痛持ちが効果を検証してみた 121view

  2. リラックス
    2位

    いつどれくらい飲めば良い?CBDオイルの効果的な摂取方法 95view

  3. カルテ
    3位

    CBDオイルが不眠に効果的な理由は?そのカギは”自律神経”にあった 82view

  4. 4位

    驚愕!ナイトライフにCBDを使ってみたら驚きの効果が・・・ 77view

  5. ドンキホーテ
    5位

    CBDオイルはドンキに売ってる?偽物じゃない?実際に調査してみた 69view

  6. ヘンプタッチ CBDオイル
    6位

    【検証】『CBDオイルが過食症に効果的』は、本当なのか検証してみた。 55view

  7. コカ・コーラ
    7位

    米コカ・コーラ、大麻飲料事業への参入を検討 41view

  8. ヘンプタッチCBDオイルAmber
    8位

    【検証】「ヘンプタッチCBDオイルAmber」で-3キロ痩せられるか 38view

  9. 長渕剛
    9位

    長渕剛に田中聖…大麻逮捕歴のある芸能人8選 20view

  10. お酒
    10位

    酒は飲んでも飲まれるな!CBDが禁酒に効果的って本当? 11view