CBDオイルの副作用のことならCBDオイル比較.com

CBDオイルに副作用は無い?

CBDオイルは、身体の機能を調整して調子を整える作用や精神の状態を安定させる作用、てんかんなどの病気を緩和する作用など、多様な効果が期待できます。
そんなCBDオイルを使用する際に気になるのが、副作用はあるのかということ。
当ページでは、CBDオイルには副作用はあるのかということについて、詳しく解説していきます。

副作用
 

CBDオイルに副作用はあるの?


結論から言えば、CBDオイルの副作用は、ほとんどないと言っていいと思います。

現在、CBDオイルを摂取し深刻な副作用が報告された例はありません。
また、通常の薬のように耐性ができてしまいどんどん摂取量が増えるといった症例も今のところ報告されていないようです。

CBDオイルには、マリファナの酩酊成分であるTHCが含まれていないため、大麻のように気分がハイになったり幻覚症状が出たりするようなこともありません。
依存性もないことから、子どもから高齢者、またはペットまで、幅広く使うことができます。

1980年にファーマコロジー誌という学術誌に掲載された論文によると、8人の健康的な被験者および15人のてんかん患者が参加した研究では、
1ヶ月間毎日CBDオイルを摂取した際の副作用について『全ての患者および被験者はCBDに対する非常に良い耐容性をみせ、実験における毒性または深刻な副作用は検知されませんでした』とされています。
また同時に、CBDオイルがてんかん患者の治療の一部に役立ったことも明らかにされています。

さらには2006年に、精神病および不安障害の治療におけるCBDオイルの潜在的効果を研究するグループの研究者が、以下のような研究成果を発見したとしています。
 
経口、吸引または静注経路による急性のCBD投与は、人体における大きな毒性効果を生み出しませんでした。
さらに、1日あたり10mgから400mgの摂取量で、健康的な被験者に対する30日間にわたる長期的なCBDの投与は、神経学的、精神病理的、または臨床検査における大きな変化を生み出しませんでした。
最後に、ハンチントン症候群を患う患者においては、1日あたりCBD700mgの投与を6週間続けましたが、毒性は発生しませんでした。


したがって、動物実験の結果を確定し、存在する臨床データは、CBDは幅広い投与量で安全に投与できることを示唆しています“(ブラジリアン・ジャーナル・オブ・メディカル・アンド・バイオロジカル・リサーチ誌より)


CBDオイルが近年注目されるようになった背景には、このように副作用がほとんど見られない点も理由の一つとして挙げられています。

近年の例を挙げると、CBDオイルによって“トラベ症候群”という難治性のてんかんを緩和することに成功したシャーロットちゃんは、週に300回もある発作を抑制するため様々な治療薬を試しましたが、そのほとんどは重篤な副作用を引き起こしてしまったようです。
ですがその一方で、CBDオイルは従来のように強い副作用も特に起こらず、THCのような中毒性も一切無かったと言います。

これらの研究の結果から、CBDオイルはヒトに対して広範囲で耐用性があると考えられています。


 

人によっては軽度の副作用も?


副作用

上記のような事実からもCBDオイルの副作用についてはほとんどないと考えられていますが、人によっては軽度の副作用が見られる場合があります。
代表的なものとしては、以下の症状が挙げられます。
 
・肝臓の薬物代謝の阻害/ p-糖タンパク質および他の薬物輸送体の活性低下
・口渇
・パーキンソン病患者の震えの増加
・低血圧
・ライトヘッド
・眠気
・疲労
・下痢
・食欲の低下


まれに上記のような副作用を起こすケースがありますが、これらの副作用は製品自体の品質の問題によるものである可能性も示唆されています。

とあるCBDオイル自体の副作用についての臨床実験では、CBDオイルを投与された被験者は、眠くなる、疲労を感じる等の症状が10~20%の出現率でみられたようです。
しかし、CBDの成分自体に睡眠補助作用が含まれているので、これらの症状が副作用によるものと判断するには早計であると言えます。

また、CBDオイルは様々な身体症状を緩和させる働きがありますが、以下のようなケースに当てはまる方は使用において特に注意が必要です。


 

特定の病気にかかっている



病気

特定の病気を発症している方は、CBDオイルの摂取により何らかの健康被害が生じる可能性があります。

2007年にファイトメディシン誌に発表された研究では、CBDおよびTHCを含む同様の物質は、抗凝血剤としての可能性を持っていることが判明しました。
そのため血液凝固に問題がある血友病などの疾患を患う患者は、CBDオイルは摂取しない方が良いとされています。

また、パーキンソン病を患っている患者においては、とある研究にて高容量のCBDオイルを摂取すると、手足の震えや筋肉の動きを悪化させたという結果が報告されているようです。
そのため、高容量のCBDオイル摂取はパーキンソン病を悪化させる危険性が示唆されています。

上記の疾患のみではなく、何らかの病気を発症している方は、念の為使用の前にかかりつけの医師等に相談することをおすすめします。


 

妊娠している



妊娠

2006年に行われた動物実験においては、CBDが妊娠初期のリスクと因果関係はないと報告されており、妊娠初期のCBDオイルの摂取に関しては特に副作用がないと考えられています。

しかし2010年に行われた動物実験の結果から、CBDに含まれる成分には子宮の収縮を抑制する働きがあることが報告されており、出産時には何らかの影響を与える可能性があることが示唆されています。
また早期分娩の際に、子宮を緩める際に使われる薬品においても、合成CBDが何らかの影響を与えるようです。

さらに、2013年の研究により、出生前のCBD摂取で胎盤透過性が上がる可能性が報告されています。
あくまで動物実験の結果であるため人体でどのような作用を及ぼすかは明確ではありませんが、CBDオイルの摂取により胎盤の保護機能が低下し、母体が摂取したCBDオイルに含まれる成分や薬剤が胎盤を通じて胎児に到達する可能性が示唆されています。

これらのことから考えると、妊娠中や授乳中のCBDオイルの摂取は避けた方が良さそうです。


 

服用中の薬がある



薬

CBDオイルの副作用の一つとして、肝臓における薬物代謝を阻害し、p-糖タンパク質および他の薬物輸送体の活性を低下させる作用があることが確認されています。

人間の肝臓には、体内の有害物質や医薬品などを代謝し、その働きを抑制するする“シトクロムP450”という薬物代謝酵素が存在しています。
CBDオイルに含まれる成分には、このシトクロムP450の活性を抑制し、薬物の代謝を妨げる可能性があることが示唆されているのです。

そのため血圧が高く血管拡張剤などを服用している方は、CBDオイルにより肝臓中のシトクロムP450の活性が阻害され、血中の薬の濃度が増加し薬の効きすぎによる健康被害が現れるケースがあります。

CBDオイルは様々な薬の副作用を軽減させる働きがあることが報告されていますが、このように飲み合わせの薬によっては注意すべきものもありますので、他の薬を服用中の場合は必ずかかりつけの医師に相談するようにしましょう。


 

CBDオイルには一般の薬のような副作用はない



サプリメント

これら症例や研究の結果からも、CBDオイルは一般的な処方箋薬のような強い副作用はほとんどないと言っていいでしょう。

ただし、全く副作用が見られないかといえばそうではありません。
人によっては少量の摂取でも眠気を感じる方もいますし、体が重くなると感じる人もいますので、効果は人それぞれです。

CBDオイルの摂取により眠気を感じる方は日中の使用は避け、逆に覚醒したような感覚になる方は夜の使用を避けることで、望まない副作用を減らすことができます。

また、CBDオイルを摂取する際は、自身の健康状態ともしっかり照らし合わせる必要があります。
服用中の薬がある方や何らかの疾患を持っている方は必ずCBDオイル使用前に、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

関連ニュース

  • 逮捕

    ディズニーワールドでCBDを所持していた女性が逮捕

    2019年4月15日、米フロリダ州・オーランドにあるディズニーワールドへ旅行中の69歳女性が、CBDオイルを所持していたとして逮捕されるという事件がありました。 続きを読む

  • カナダ

    CBDオイルが足りない!?カナダの小売業者やユーザーから悲鳴

    カナダでは現在、大麻不足に悩まされていますが、その中でも特にCBDオイルが入手困難であると各地から悲鳴が上がっているようです。 続きを読む

  • 大麻使用

    医療用大麻の合法化は、10代の大麻使用を減少させる!?

    ボストン大学の研究によると、医療用大麻を合法化することは、10代の青少年の大麻使用の減少をもたらすことがわかりました。 続きを読む

  • Willie's Remedy

    Willie Nelson(ウィリー・ネルソン)、自身のCBDブランド「Willie's Remedy」を設立

    アメリカのシンガーソングライターWillie Nelson(ウィリー・ネルソン)は、CBD製品の新たなブランド「Willie's Remedy」を設立しました。 続きを読む

  • 工業団地

    中国で「CBD工業団地」の設立計画、2,200万ドルの投資

    中国の大手企業であるShinecoと黒竜江省のHegang市のXingshan人民政府は、新しく「CBD工業団地」を設立するために、約2,200万ドルを投資する計画を進めているようです。 続きを読む

オススメのCBDオイル

  • CBDオイル ココナッツ味

    【Hemptouch】CBDオイル ココナッツ味 口腔スプレー

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 5,800円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第1位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第6位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第9位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

売れ筋

ヘンプタッチCBDオイル
今最も支持されているCBDオイルはこれ!

CBDオイル人気ランキング

  1. CBDオイル ココナッツ味
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル ココナッツ味 口腔スプレー
    オイルタイプ 300mg 5,800円
  2. 	CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    オイルタイプ 1000mg 14,390円
  3. CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    オイルタイプ 500mg 6,980円

人気記事ランキング

  1. プレゼン
    1位

    CBDオイルの吸収率を高める意外な摂取方法4選 100view

  2. リラックス
    2位

    いつどれくらい飲めば良い?CBDオイルの効果的な摂取方法 90view

  3. 3位

    【検証:経過報告】不眠症は改善されるのか?ベイプナチュラ社のCBDリキッドをVAPE(ベイプ)吸引してみた。 80view

  4. 4位

    驚愕!ナイトライフにCBDを使ってみたら驚きの効果が・・・ 70view

  5. ヘンプタッチ CBDスプレー ココナッツ味
    5位

    【検証】「ヘンプタッチ CBDスプレー」で慢性疲労は回復するのか?使用感や効果をレポート!➀ 60view

  6. ヘンプタッチ CBDオイル
    6位

    【検証】『CBDオイルが過食症に効果的』は、本当なのか検証してみた。 50view

  7. コカ・コーラ
    7位

    米コカ・コーラ、大麻飲料事業への参入を検討 40view

  8. ヘンプタッチCBDオイルAmber
    8位

    【検証】「ヘンプタッチCBDオイルAmber」で-3キロ痩せられるか 30view

  9. 長渕剛
    9位

    長渕剛に田中聖…大麻逮捕歴のある芸能人8選 20view

  10. お酒
    10位

    酒は飲んでも飲まれるな!CBDが禁酒に効果的って本当? 10view