CBDオイルとは?基本情報ならCBDジャーナル

CBDオイルとは?


サプリメント

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称であり、アサ科の植物に含まれる植物性カンナビノイドという化学物質の一種です。

カンナビノイドには100を超える種類がありますが、CBDはこの数多くあるカンナビノイド成分の中で、現在最も薬理効果を期待されている非精神活性化合物と言われています。
このCBDを超臨界二酸化炭素法などを用いて産業用大麻(ヘンプ)から安全に抽出し、飲料可能に加工したものがCBDオイルです。

2013年頃から日本にもCBDオイルが輸入され始め、健康食品として国内でも人気が高まってきています。




 

大麻といっても精神活性作用はなく合法的

法律

大麻と聞くと違法なのでは?と考える方が多いですが、国内で使用されているCBDは、日本の法律で所持が禁止されていない部位の茎や種から作られています

大麻の違法な成分である「THC」を含んでおらず、精神変容・酩酊作用・多幸感などの精神活性作用が無いため日本でも合法的に所持・使用することができます。


1948年に制定された大麻取締法には下記のように記載があります。

 
大麻取締法
第一章 総則
第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

簡単に言えば、大麻取締法ではカンナビノイドを多く含む花や葉の利用を禁止していますが、茎および種子由来のCBDであれば利用できるということです。


また、世界保健気機関(WHO)の報告では、CBDにはヒトへの有害反応や依存性などは認められなかったとの記載があるため、合法的かつ安心して使用することができるといえます。




 

CBDが注目されるきっかけになったCBDによるてんかん治療

診察

CBDが注目されるきっかけになった出来事があります。


トラベ症候群という重度のてんかんに苦しむ3歳の女の子”シャーロットちゃん”は、週に100回以上もてんかん発作を起こしていました。

どんな治療も効果がなく、壮絶な毎日を送っていたシャーロットちゃんでしたが、ある医師からCBDによる治療をすすめられ、CBDを摂取してみることにしました。

するとCBDを摂取した後、シャーロットちゃんの発作は激減し、週100回以上あったてんかん発作が、週1回程にまで減ったのです。





CBDにはまだまだ解明されていない部分が多いものの、てんかん発作の原因となる過剰な脳の活動を、本来の脳の働きへと調整することができるのではないかと考えられています。



Orrin Devinskyらの研究でも、以下のように証明されています。
 

CBDの効果を確認した(1ヶ月痙攣性てんかん発作頻度の中央値の差:-22.8パーセントポイント;痙攣性てんかん発作頻度50%以上低下患者の割合のオッズ比:2.00)。
全身状態の改善も有意で、全てんかん発作頻度低下も有意だったが、非痙攣性てんかん発作頻度の低下は有意でなかった。


(引用:Trial of Cannabidiol for Drug-Resistant Seizures in the Dravet Syndrome)



こうしたシャーロットちゃんの治療結果を受けて、CBDオイルは一躍有名となり、医療業界はもちろん、一般人からも広く注目されるようになりました。




 

医療機関やWHOのお墨付きを得てCBDの人気は急上昇中

研究

シャーロットちゃんのトラベ症候群の治療をきっかけにCBDが注目されるようになり、今ではCBD人気が急上昇しています。

CBDは医薬品ではないため、薬事法でその効果を謳うことは禁止されていますが、多くの研究結果や利用者の体験談などから様々な病気への効果があると考えられています。


現に欧米では既に医薬品として認可されており、あの世界保健気機関(WHO)も、『2017年のカンナビジオール(CBD)事前審査報告書』において、CBDがてんかん発作、アルツハイマー病、パーキンソン病、疼痛、精神障害、不安、がん、間接リウマチなど、100近くの疾患に関して有効性と安全性を高く評価しています。


『2017年のカンナビジオール(CBD)事前審査報告書』によれば、CBDは以下のような症状に効果が期待できると言われています。
 
 
疾患 効能
アルツハイマー病 in vitro 及び in vivo のアミロイドβ蛋白(Aβ)惹起性の神経炎症及び神 経変性反応における抗炎症性、抗酸化性、抗アポトーシス性
パーキンソン病 ドーパミン作動性損傷の減衰(in vivo); 神経保護; 精神症状評価の向上 とアジテーション(不穏・興奮)、患者における悪夢と攻撃的行動の減少
多発性硬化症 マウスにおける EAE(実験的自己免疫性脳脊髄炎:Experimental autoimmune encephalomyelitis)改善の徴候、抗炎症性と免疫調節特性
ハンチントン病 トランスジェニックマウス(遺伝子導入マウス)モデルにおける神経保護作 用と抗酸化作用; 患者間に臨床的な有意差はみられなかった
低酸素虚血性脳障害 短期的神経保護作用; 興奮毒性、酸化ストレス、炎症の抑制(in vitro と げっ歯類動物モデル)
疼痛 他の治療法に効果がみられない(薬剤抵抗性のある)神経因性疼痛を患う患 者における鎮痛作用
精神障害 統合失調症の動物モデルにおける行動変化及びグリア(神経膠)的変化の減 衰; ケタミン誘導性の症状に対する抗精神障害特性
不安 筋緊張、不穏状態、疲労、集中困難の減少、不安とストレスのげっ歯類動物モデルにおける社会的相互行為(他の個体との関わり)の向上; 患者における社会不安の減少
抑うつ 抑うつのげっ歯類遺伝モデルにおける抗うつ作用
がん 広範囲に及ぶがんの種類における抗増殖及び抗浸潤活性; オートファジー介在性がん細胞死の誘発; 化学予防作用
吐き気(悪心) 吐き気(悪心)の抑止とラットにおける条件付きギャッピング(大口開け:吐き気を意味する行動)
炎症性疾患 いくつかの in vitro 及び in vivo モデルにおける抗炎症特性; 炎症性サイトカイン及び経路の阻害
関節リウマチ 動物モデルにおける TNF-αの抑制
感染症 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌に対する活性
炎症性腸疾患とクローン病 in vivo 及び ex vivo におけるマクロファージ動員及び TNF-α分泌の抑制; クローン病患者における疾患活性指数の減少
心血管疾患 in vitro 及び in vivo における抗酸化及び抗炎症特性を通した梗塞サイズの減少
糖尿病合併症 心筋機能不全と繊維化の減衰

in vitro 試験管内での実験
in vivo 実験動物などを用いた生体内での実験
ex vivo 生体外で培養細胞組織での実験


CBD が治療効果を有する可能性のある疾患の概要 Pisanti ら(2017)からの引用

WHOの正式発表以外にも、アメリカの論文では、骨粗鬆症やトゥレット症候群など、様々な症状に対するCBDの有効性が発表されています。


多くの研究機関や医療機関、WHOのお墨付きを得ているCBDは健康維持に効果があると考えられ、スーパーフードのような位置づけで、多くの人に摂取されています。




 

CBDが効く理由は、ヒトの体にはECSが存在するから

ECSイメージ

ヒトの体の中には、本来備わっている身体調節機能としてエンド・カンナビノイド・システム(ECS)があります。

ECSは「アナンダミド」「2-AG」「CB1」「CB2」などから構成され、免疫系や食欲、睡眠、消化器系、感情など、ヒトが健康的に生活するために必要な細胞同士のコミュニケーション維持をしてくれるシステムです。


最近の研究では、ECSの動きが鈍る「カンナビノイド欠乏症」になると、細胞同士がうまくコミュニケーションをとれないため、体の調節機能がうまく働かず、健康に何らかの障害が起きてしまう可能性があるといわれています。
 

人は、強いストレスを受けたり、老化が進むと、神経と免疫システムの不調=カンナビノイド欠乏症となり、さまざまな症状があらわれるのである。

引用元:佐藤均(2015). カンナビノイドの化学 筑地書館 68p



不調が続いている人は、このECSの働きをよくすることで体内の恒常性を保つことができるかもしれないと言われています。

つまり、ECSはヒトの体を調節する機能として非常に重要な働きをしているのです。



嬉しいことにECSは、ヒトが創り出すカンナビノイドやCBDなどの植物由来のカンナビノイドに反応するといわれています。

つまり、体外から摂取したCBDであっても、鈍ったECSの働きを取り戻すことができるかもしれないという可能性を秘めているのです。



 

鈍ったECSの働きを取り戻すには

大麻草

ECSの働きが鈍る原因として、バランスの悪い食事、運動不足、過度なアルコール摂取、睡眠不足や睡眠の質の低下、ストレスなどが挙げられます。これは誰にでも起こり得ることですよね。

鈍ったECSの働きを取り戻すには、例えば食事の場合だと、オメガ-3やオメガ-6という必須脂肪酸を摂取することで「アナンダミド」や「2-AG」の生成を助けるのではないかと言われています。

摂取量はオメガ-3とオメガ-6を3:1の割合で摂ることが望ましいそうです。



しかし近年の研究では、ECSはヒトが創り出すカンナビノイドやCBDなどといった植物由来のカンナビノイドに反応するため、体外から摂取したCBDであっても、鈍ったECSの働きを取り戻すことができるといわれています。
 

アサに含まれている植物性カンナビノイドが生体内に入ることによって、もともとあった内因性カンナビノイドと同じようにエンド・カンナビノイド・システムが働くのである。
植物性カンナビノイドは、各細胞上にあるCB1やCB2などのさまざまな受容体、酵素、輸送体(トランスポーター)、イオンチャネル、核内受容体と多岐にわたって作用する。


引用元:佐藤均(2015). カンナビノイドの化学 筑地書館 69p



CBDオイルを摂取するだけでECSの働きを整えることができれば、こんなに嬉しいことはないですよね。



 

CBDオイルが秘める可能性はとても魅力的

オイル

CBDの効果はまだまだ未知な部分もありますが、CBDは病気の治療への使用はもちろん、ストレス緩和や睡眠サポート、リラクゼーション、ダイエット、美容として日常で使われたり、疲労回復や抗酸化作用としてスポーツの場面で使われたりと、様々なシチュエーションで効果を発揮すると考えられています。


CBDは普段使いから病気の治療まで、1つでいくつもの効果が期待できる万能成分と言えそうです。



CBDとCBD以外の様々な食べ物や成分との相乗効果も期待できますし、CBDがヒトの体にどのような影響を与えてくれるのか、CBDが秘める可能性はとても魅力的ですね。

 

関連ニュース

  • タイ医療大麻

    タイ初!医療大麻専門のクリニックがオープン

    タイ初となる医療大麻専門のクリニックが、8月17日、タイ東北部ナコンラチャシマ県の国立マハーラートナコンラチャシマ病院に新たにオープンしたようです。 続きを読む

  • 日本カンナビジオール研究会

    日本カンナビジオール研究会 第1回研究会が東京で開催決定!

    「日本カンナビジオール研究会」の第1回研究会が2019年10月6日、東京にて開催されることが決定しました。 続きを読む

  • エピディオレックス

    てんかん治療の新薬「エピディオレックス」米国に次ぎ欧州でも承認?

    近年、大麻から抽出した安全な成分であるCBD(カンジナビオール)が人気を集めています。 そんな中、世界の医学界で注目を浴びているのが、CBDを含む医薬品「エピディオレックス」。 エピディオレックスはてんかんに有効な治療薬として、海外で承認の動きがみられています。 続きを読む

  • ロブ・グロンコウスキー

    元パトリオッツのスター、ロブ・グロンコウスキーがCBDMEDICとのパートナーシップを発表

    8月27日、Rob Gronkowski(ロブ・グロンコウスキー)はニューヨーク市でCBDMEDIC Topical Pain ProductsのメーカーであるAbacus Health Productsと提携することを発表しました。 続きを読む

  • 睡眠

    2時間睡眠を減らすと毛穴の大きさが2倍に!?睡眠の質を上げる4つの方法

    最近の現代人は、忙しさにかまけ、つい睡眠時間を削りがちです。 確かに、睡眠時間を短縮して仕事を頑張ったり、自分の趣味や美容に時間を費やしたりして充実した時間を過ごすことはとても良いのですが、見逃せないデメリットもあります。 それが、肌に対する悪影響です。 続きを読む

オススメのCBDオイル

  • 麻の一滴

    【NatuLo(ナチュロ)】麻の一滴 CBD300mg 30粒

    商品概要
    商品タイプ 錠剤タイプ 価格 500円
    CBD含有量 300mg ブランド NatuLo(ナチュロ)
    口コミ評価 ★★★★★ ランキング 第1位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第6位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第9位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

売れ筋

麻の一滴
今最も支持されているCBDオイルはこれ!

CBDオイル人気ランキング

  1. 麻の一滴
    1位
    NatuLo(ナチュロ) 【NatuLo(ナチュロ)】麻の一滴 CBD300mg 30粒
    錠剤タイプ 300mg 500円
  2. 	CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    オイルタイプ 1000mg 14,390円
  3. CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    オイルタイプ 500mg 6,980円

人気記事ランキング

  1. 麻の一滴CBD
    1位

    麻の一滴CBDで頭痛は治る?実際に頭痛持ちが効果を検証してみた 121view

  2. リラックス
    2位

    いつどれくらい飲めば良い?CBDオイルの効果的な摂取方法 95view

  3. カルテ
    3位

    CBDオイルが不眠に効果的な理由は?そのカギは”自律神経”にあった 82view

  4. 4位

    驚愕!ナイトライフにCBDを使ってみたら驚きの効果が・・・ 77view

  5. ドンキホーテ
    5位

    CBDオイルはドンキに売ってる?偽物じゃない?実際に調査してみた 69view

  6. ヘンプタッチ CBDオイル
    6位

    【検証】『CBDオイルが過食症に効果的』は、本当なのか検証してみた。 55view

  7. コカ・コーラ
    7位

    米コカ・コーラ、大麻飲料事業への参入を検討 41view

  8. ヘンプタッチCBDオイルAmber
    8位

    【検証】「ヘンプタッチCBDオイルAmber」で-3キロ痩せられるか 38view

  9. 長渕剛
    9位

    長渕剛に田中聖…大麻逮捕歴のある芸能人8選 20view

  10. お酒
    10位

    酒は飲んでも飲まれるな!CBDが禁酒に効果的って本当? 11view