CBDオイルの選び方ならCBDオイル比較.com

CBDオイルの選び方

CBDオイルには様々な種類があるため、何をどのように選んだら良いか迷ってしまいますよね。

製品を選ぶ際には、注目すべきポイントや注意点があります。

当ページでは、CBDオイル製品の選び方に加え、購入の際の注意点などを解説していきます。

 

 

CBDオイルの購入方法

日本では「大麻取引法」の規制があるため、CBDを抽出するための大麻を所持することは禁止されています。
そのためCBDオイルを購入する場合は、海外で製造された製品をインターネットの通販等で購入することになります。
 

正規代理店を利用する

CBDを購入する際に最も安心なのが、国内発送をしてくれる正規代理店からの購入です。

現在、日本国内で正規販売されているCBDオイルに関しては、THC(マリファナの酩酊成分である違法成分)が含まれていないことを証明する成分分析書に加え、製造工程に問題がないことを証明する写真および文書を厚生労働省に提出する必要があります。

そのため現在国内で正規販売されているCBDオイルについては、こうしたTHCなどの違法成分が混入している恐れのない、安全な製品となっています。
 

値段の安さに惹かれ、非正規代理店や個人輸入でCBDオイルを購入する方がいますが、その様なケースではずさんな品質管理の下製造された低品質の製品が送られてくる事が多いばかりか、場合によっては違法成分であるTHCが含まれている製品を購入してしまうリスクがあるため、あまりお勧めはできません。
 

実際にTHCが混入していた例も…


 

実際に過去に、アメリカにてCBDオイルの一部製品に、違法成分であるTHCが混入していた事件が話題になりました。

個人輸入などの際には、こうした違法にTHCが含まれているCBDオイルを知らず知らずのうちに輸入してしまう危険性もあるのです。

 

海外からCBD製品を直接購入すること自体は、正しい手続きをしっかり踏みさえすれば違法ではありません。

しかし、国によって取り締まりの基準が異なるため、様々な手続きを正しく行わないと日本の麻薬取締法に違反する可能性があり、最悪逮捕されてしまうケースも起きかねません。

こうした手続きは非常に複雑であり手間も掛かるので、個人がこれらを行うには大きな労力とリスクが伴います。

そのためCBDオイルを購入する際は、必要な検査を経て、必要な証明書がしっかりと発行されている、正規代理店から購入するのが最も安心かつ安全な方法となります。

 

個人輸入の際に生じる問題とは

個人輸入

上記で個人輸入におけるリスクについて述べましたが、その際に発生する諸問題を具体的にご紹介します。

まず、CBDオイルを個人輸入する際に大きな壁となるのが、関税法に接触する可能性があるということです。

 

日本国内では大麻取引法により、大麻関連の製品の輸入は原則禁じられています。

CBDオイルに関しては違法成分であるTHCが含まれていないので合法製品ではありますが、関税に『麻関連の製品を輸入した』という記録が残り、何らかの問題を引き起こす可能性もゼロではありません。

さらには、輸入するCBDオイルが、「大麻草の茎と種子由来かどうか」「大麻樹脂に該当しないか」「成分が基準値の範囲内か」といった、合法となる基準を満たしているかの承認が必要となります。
 

個人輸入で家宅捜査に発展したケースも…


 

過去に個人輸入を行った人の中には、家宅捜索まで受けたケースもあるようです。

厚生労働省の麻薬取締課によれば、CBDオイルを個人輸入するためには、「オイルの成分表」と「文章・写真などの詳細な製造工程」の内容を連絡し、許可を受ける必要があります。

製造工程については、当然メーカーごとに異なるため企業秘密の部分もあるでしょう。
それらを一個人に開示してもらうとなると、相当の労力が必要であるのは言うまでもありません。

さらにこれらの必要書類を取り揃えた後は、大麻取締法に違反していないという証明書を厚生労働省から入手し、加えて法に触れていないという誓約書をメーカーから受け取り、ようやく通関を通すことができるのです。

 

個人輸入は避けるのが無難

このように、個人輸入には非常に大きな手間と労力が掛かります。
個人レベルでこれらを全て行うにはかなり敷居が高いです。

仮に関税が通らなかった場合は、お金だけ支払い、商品が届かずに破棄されてしまうことも十分にあり得ます。

また、何らかの問題が発生した際も、個人輸入の場合は大きな苦労が伴います。

 

それ以外にも個人輸入を代行するサービスや海外の販売店から直接購入するなどの方法もありますが、たとえこれらは厚生労働省や通関とのやり取りはなくとも、上述したように関税法に接触したり、輸入品が違法薬物の疑いを持たれたりする場合があります。

日本でどうしても手に入らない製品があるなどの、余程の理由が無い限りは、個人輸入は避けた方が無難です。

 

インターネット上から購入する際の注意点


インターネット
 

現在国内で流通しているCBDオイル製品は、そのほとんどがアメリカかヨーロッパから輸入された製品となっており、インターネット上からの購入が唯一の入手法です。

過去にアメリカでは、成分ラベルの不当表示の事件が発生しているので、購入の際は細心の注意を払いたいところです。

 

そこで、日本国内でインターネットからCBDオイルを購入する際の注意点をいくつかご紹介します。

 

①    正規代理店から購入する

CBDオイルを購入する際は、正規代理店からの購入はもはや鉄則です。

上記でも述べたように、正規代理店は海外メーカーからしっかり正式な成分証明書が発行された上で、関税へ提示しています。

関税で許可を受けた製品だけを取り扱っているので、THCなどの違法成分が混入している危険性はまずなく、安全です。

さらには発送の際などに何らかのトラブルが発生した場合でも、代理店に問い合わせて対応してもらえるので安心です。

 

 

②    成分表示をチェックする

インターネット上の商品ページには、CBDオイルに含まれる成分の詳細やその含有量について記載されていることが多いです。

どの成分がどれくらいの濃度で、どれくらい配合されているかをしっかりチェックしてから購入するようにしましょう。

 

2017年8月には、分析機関による分析の結果、アメリカで販売されているCBDオイルにTHCが混入していたことが明らかになっています。

正規代理店で取り扱っている製品に対してはTHCなどの違法成分が混入している可能性はまずありませんが、仮に正規代理店以外から購入する必要性がある場合は、THCなどの成分が含まれていないか必ず確認しましょう。

 

また研究の結果から、CBDを摂取する場合は、単独の摂取よりも他のカンナビノイドやテルペンなどの成分が共存していた方が、より治療効果が増えることが明らかになっています。

成分表示を見る際には抗菌効果、高ウイルス効果、向精神作用などを持つ成分、特に“テルペン類”が十分に含まれている製品を選択すると、より高い効果が期待できます。

 

 

③    独立した第三者機関によるテストが済んでいる

CBDの成分を抽出する際に用いた有機溶媒や植物を栽培する際に使用した農薬の残留物や微生物などは、副作用の原因となる可能性があります。

独立した第三者実験所では、CBDの含有量に加えてこうした有機溶媒、残留農薬、カビなどが含まれていないかどうかを徹底検査します。

 

ヘンプや麻は土壌の汚染物質を吸収するという性質を持つため、ヘンプや麻から作られたCBDオイルが汚染されていないかをチェックするために、適正な品質検査を行います。

こうした第三者機関によるテストが済んでおり、その結果が正しく十分に公表されている製品は概ね安全な製品であることが多いです。

 

 

 

CBDオイルを選ぶ際のポイント



CBDオイル
 

CBDオイルには様々な種類があるため、どれを選べば良いか迷う方も多いかもしれません。

どうせ使うなら自分に合ったCBDオイルを選びたいところですよね。

そこで適切なCBDオイルを選ぶための着目ポイントをいくつかご紹介します。

 

抽出方法

CBDオイルは、麻の茎などから抽出した成分であるCBD(カンナビジオール)を含んだ製品です。

このCBDを麻からどのように抽出したかで、品質の違いが出てきます。

 

代表的なものには、「エタノール抽出」「オリーブオイル抽出」「二酸化炭素抽出」がありますが、中でも一番高品質とされているのが「二酸化炭素抽出」です。

まず「エタノール抽出」は、穀物アルコールを使用した抽出方法となり、ヴェポライザーというCBDを気化させ吸引するタイプの摂取方法に向いています。

 

「オリーブオイル抽出」のCBDオイルは、全体的に値段も高めに設定されており、安全性も高いと言われていますが、質が劣化しやすいのが難点です。

「二酸化炭素抽出」は、圧力を高めて常温で液体にした二酸化炭素で抽出する方法です。

加熱を行わないため、植物中の成分があまり変化せずにオイル中に抽出されます。

そのため、保存による劣化が少なく、純度が保てるのが特徴です。

 

エタノールなどの有機溶媒を用いてCBDを抽出した場合、有機溶媒自体が製品中に残留するリスクがあり、副作用の原因となる可能性もまれにあります。

このため、経口摂取のCBDオイルの場合は、二酸化炭素抽出方が一番適していると言えます。

 

成分

CBDオイルと言っても、その成分はCBDをメインにしたものから、他の植物成分とブレンドしたものまで様々です。

CBDオイルによっては、抽出したCBD成分やカンナビノイドの他に、天然のエッシェンシャルオイルなどのハーブや漢方などが配合されている場合があります。

これは、カンナビノイドが持つ“アントラージュ現象”(効果をさらに昇華させる現象)という特性を利用し、CBDの有用性をさらに高めるためです。

 

よりCBDオイルの効果を求めるのであれば、このような天然の植物成分が他にブレンドされたCBDオイルを選択することをおすすめします。

 

イーサン・ルッソ博士は、ナビキシモルスが薬効を示すためには、カンナビノイドとテルペン類の相互作用が重要だと述べています。

個々のカンナビノイドを単独で使用するよりも、複数の成分を含む大麻の抽出物を使用した方がより効果が高く、副作用も軽減できると考えているのです。

 

また、ヒルデベルト・ワーグナーとグートルン・ウルリッヒは、植物エキスの相乗効果を次のように述べています。

「細菌の防御機構を克服する」アントラージュ効果は、さまざまな細菌感染症を治療するのに有効である。カンナビノイドは抗菌性を持っている。

しかし、細菌は時間をかけて抗生物質に対抗するために防御機構を生み出す。いわゆる耐性菌の出現である。

これに対抗するには、カンナビノイドだけでなく、非カンナビノイド成分の抗菌性も用いて、異なる経路を介して細菌にアプローチするのが効果的である。

「有害な副作用を最小化する」アントラージュ効果によって、特定のカンナビノイドの副作用を他のカンナビノイドで抑えるということである。

これに最も当てはまる事例は、患者によってTHCの酩酊効果が現れる場合があるが、このTHCの負の効果をCBDが調整する例である。

 

CBDを単体で摂取した場合、基本的には摂取量を増やすほどその効果も高くなっていくわけですが、ある一定量に達すると、逆に効果反応がどんどん下がってきてしまうという特徴があります。

しかし他の植物成分とブレンドすることで、そのパフォーマンスを最大限に発揮することができるのです。

これがアントラージュ現象と呼ばれるものです。

 

一見CBD単体を摂取した方がより効果が高いように思えますが、様々な植物エキスと混ざりあうことで、様々な成分が相互に有用し合い、より効果が高まるのです。
 

容量

CBDオイルには、カンナビジオールなどの有益なカンナビノイド源植物の濃縮抽出物が含まれていますが、その総量(mg)をしっかりチェックすることが大切です。

 

一般的に流通しているCBDオイルは、1オンス(30ml)のオイルとして販売されていることが多いですが、そのCBDの含有量は、オイルによって大きく異なります。

オイル自体の量が多くても、含有されているCBD成分の量が少なければ満足のいく効果を得ることはできません。

 

CBDオイルの濃さを正確に把握するためには、ボトルに含まれる抽出量の総量(mg)に注目することが重要です。

どのくらいの大きさの瓶に対して何mgのCBDが入っているのかをしっかり確認するようにしましょう。

また、配合濃度を%でしっかり記載がしてある商品は良心的と言えます。一概には言えませんが、目安として5%濃度のCBDオイルが最も一般的と言われています。

CBDオイルを初めて使用する方に至っては、まずは低濃度の3%から始めると良いでしょう。


 

CBDオイルの選び方まとめ

 

☑ 正規代理店から購入する

☑ 成分表のCBD含有量などをチェックする

☑ 天然の植物エキスも配合されている製品だと尚良い 

 

関連ニュース

  • 逮捕

    ディズニーワールドでCBDを所持していた女性が逮捕

    2019年4月15日、米フロリダ州・オーランドにあるディズニーワールドへ旅行中の69歳女性が、CBDオイルを所持していたとして逮捕されるという事件がありました。 続きを読む

  • カナダ

    CBDオイルが足りない!?カナダの小売業者やユーザーから悲鳴

    カナダでは現在、大麻不足に悩まされていますが、その中でも特にCBDオイルが入手困難であると各地から悲鳴が上がっているようです。 続きを読む

  • 大麻使用

    医療用大麻の合法化は、10代の大麻使用を減少させる!?

    ボストン大学の研究によると、医療用大麻を合法化することは、10代の青少年の大麻使用の減少をもたらすことがわかりました。 続きを読む

  • Willie's Remedy

    Willie Nelson(ウィリー・ネルソン)、自身のCBDブランド「Willie's Remedy」を設立

    アメリカのシンガーソングライターWillie Nelson(ウィリー・ネルソン)は、CBD製品の新たなブランド「Willie's Remedy」を設立しました。 続きを読む

  • 工業団地

    中国で「CBD工業団地」の設立計画、2,200万ドルの投資

    中国の大手企業であるShinecoと黒竜江省のHegang市のXingshan人民政府は、新しく「CBD工業団地」を設立するために、約2,200万ドルを投資する計画を進めているようです。 続きを読む

オススメのCBDオイル

  • CBDオイル ココナッツ味

    【Hemptouch】CBDオイル ココナッツ味 口腔スプレー

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 5,800円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第1位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第6位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第9位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

売れ筋

ヘンプタッチCBDオイル
今最も支持されているCBDオイルはこれ!

CBDオイル人気ランキング

  1. CBDオイル ココナッツ味
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル ココナッツ味 口腔スプレー
    オイルタイプ 300mg 5,800円
  2. 	CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    オイルタイプ 1000mg 14,390円
  3. CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    オイルタイプ 500mg 6,980円

人気記事ランキング

  1. プレゼン
    1位

    CBDオイルの吸収率を高める意外な摂取方法4選 100view

  2. リラックス
    2位

    いつどれくらい飲めば良い?CBDオイルの効果的な摂取方法 90view

  3. 3位

    【検証:経過報告】不眠症は改善されるのか?ベイプナチュラ社のCBDリキッドをVAPE(ベイプ)吸引してみた。 80view

  4. 4位

    驚愕!ナイトライフにCBDを使ってみたら驚きの効果が・・・ 70view

  5. ヘンプタッチ CBDスプレー ココナッツ味
    5位

    【検証】「ヘンプタッチ CBDスプレー」で慢性疲労は回復するのか?使用感や効果をレポート!➀ 60view

  6. ヘンプタッチ CBDオイル
    6位

    【検証】『CBDオイルが過食症に効果的』は、本当なのか検証してみた。 50view

  7. コカ・コーラ
    7位

    米コカ・コーラ、大麻飲料事業への参入を検討 40view

  8. ヘンプタッチCBDオイルAmber
    8位

    【検証】「ヘンプタッチCBDオイルAmber」で-3キロ痩せられるか 30view

  9. 長渕剛
    9位

    長渕剛に田中聖…大麻逮捕歴のある芸能人8選 20view

  10. お酒
    10位

    酒は飲んでも飲まれるな!CBDが禁酒に効果的って本当? 10view