いつどれくらい飲めば良い?CBDオイルの効果的な摂取方法

いつどれくらい飲めば良い?CBDオイルの効果的な摂取方法

CBDオイルは基本的に、いつ、どのタイミングで摂取しても問題ありません。
製品タイプには飲むタイプや吸うタイプなどがあり、その濃度も様々ですが、基本的な飲むタイミングや飲み方はどの製品も差異はありません。

とはいえ、少しでもCBDオイルを効率よく摂取するためには、いつ、どのタイミングで飲むのが良いかというのは知っておきたいですよね。

当ページでは、どの飲み方、どのタイミングでCBDオイルを使用するのがより効果が高まるかといった内容について様々ご紹介します。

CBDオイル
 

より効果的な摂取方法

 

効果的な飲み方は?


CBDオイルが最も体内に吸収されやすい飲み方は、舌にオイルを垂らして摂取する方法になります。

スポイトなどで舌の上に数滴垂らし、60秒から90秒ほど口の中に含ませます。
すぐに飲み込んでしまうよりも、このようにしばらく口の中に留めてから飲み込んだ方がより吸収されやすいです。

すぐに飲み込んでしまった場合は、唾液とオイルが混ざり合い胃からの吸収となってしまいます。
胃からの吸収は舌下からの吸収よりも吸収率そのものが下がるため、効果が表れるまでに時間がかかってしまいます。

そのため、よりCBDオイルの効果を実感したい場合は、舌下に留めてから飲み込むのがおすすめです。

飲む際はそのまま飲み込んでも大丈夫ですし、オイルの後味が気になる方は水やジュースなどで流し込んでも特に効能上の妨げになることはありません。

さらに一部の研究によれば、経口摂取よりもヴェポライザーで吸引する方がより効果的に体内にCBDを届けられるとの説もあるようです。
こちらのグラフからも分かるように、吸引摂取の場合、経口摂取よりも1.5倍効率よく体内にCBDを吸収できるという結果が出ているようです。

吸収率グラフ
(引用:https://www.endoca.com/blog/suppositories-effective-take-cbd)

これらのことから、基本的には舌下経路および吸引経路が最も効率的にCBDを血流に運搬するようです。

舌下摂取と吸引摂取のどちらがより良いかと言えばどちらも吸収率は同じくらいではありますが、吸引摂取の方がより効果が早い段階で表れやすいとされています。
ただその分、効果が消失するのも早い為、臨床効果はより短くなるということがわかっています。
推定では効果持続時間は1~3時間とされているようです。

一方で舌下摂取の場合は、緩やかに体内にCBDが放出され、より長時間にわたり血中濃度を低く維持することがわかっています。
そのうえ成分が排出されるのも比較的遅いため、より長く効果が持続するというわけです。
推定では効果持続時間は7時間ほどと言われています。

 

効果的なタイミングは?


CBDオイルを摂取するタイミングについては、空腹時がより成分が吸収されやすいです。
特に飲むタイプのCBDオイルは胃腸から吸収されるので、胃が空の状態の方がより成分が作用する時間が長くなります。

CBDオイルに限らず、どんなサプリメント等も空腹時の方がより吸収率が良いとされていますので、できるだけ食前に摂取した方が効率良くCBDの成分を吸収できると言えます。

飲み忘れ防止のために、使用するのは朝食前、などと習慣づけておくのも良いかもしれません。


 

理想的な摂取量とは



摂取

CBDオイルの摂取量に関しては個人差などもあり、一概に効果的な分量を断定することはできません。
しかし、適切な分量を知らずに摂取してしまった場合、全く効果が感じられなかったり、逆に思わぬ副作用で悩まされたりという事態にもなりかねません。

推奨平均量などはメーカーによって異なりますが、一般的には1日2回の使用で25mgの摂取と言われています。

CBDオイルは、1日に最大1500mgを慢性的に使用しても、安全で耐用性があることが証明されていますが、たくさん摂取したからと言ってそれだけ効果的かというとそうではありません。

CBDオイルには神経系に働きかける成分が含まれているため、過剰摂取することにより過度な眠気などを引き起こす恐れがあります。
さらに、内因性カンナビノイドにも影響があることから、消化活動の低下や血圧に影響を及ぼす可能性もあります。

CBDオイルの成分は体内ですぐに代謝されずに残留する性質があるため、効果が薄いからと言って大量に摂取するのではなく、継続して毎日使用することをまずは心掛けましょう。

例えばアンチエイジングや健康維持のために使用する場合は、目安として1日スポイト7分目あたりまでを1日数回に分けて摂取するのが良いかと思われます。

CBDは、体内に入ってから血中に5、6時間留まると言われています。
そのため前に摂取した成分が残留している状態で次のオイルを摂取すれば、CBDの量は上乗せされ蓄積します。
健康状態や疲労度などにもよりますが、およそ6時間をスパンとして使用するとより効果的でしょう。

また、上述したようにCBDオイルの効果的な摂取量については一概に述べることはできませんが、目安としては以下の摂取量が推奨されています。
 
・がん患者の食欲を増やす:1日THC2.5mgを口からCBD 1mgと一緒に(又はTHCだけで)6週間含有する
・慢性疼痛を治療する:1日CBD2.5〜20mgを口から平均25日間含有する
・てんかんを治療する:1日CBD 200~300mgを毎日口から摂り4、5ヶ月続ける
・ハンチントン病に関連した運動障害を治療する:体重1kgあたりCBD10mgを毎日6週間口から投与する
・睡眠障害を治療する:口から40〜160mgのCBDを投与する
・多発性硬化症の症状を治療する:THC-CBD組み合わせのカンナビス植物抽出物を、1日2.5〜120mgを2〜15週間、毎日含有する
・統合失調症を治療する:1日当たり40~1280mgのCBDを毎日4週間含有する
・緑内障を治療する:単一のCBDを舌の下で20〜40mg含有する。40mgを超える量は実際に眼圧を上昇させてしまう可能性がある



 

不眠改善には眠る数時間前の使用が良い?



睡眠

CBDオイルはリラックス効果があることで知られていますが、CBD自体に入眠効果があるわけではありません。
入眠した後の、眠りを深くしたり、睡眠の質を良くしたりといった作用が主になります。

睡眠薬のように摂取後すぐにうとうとし始める、ということは基本的にはありません。
そのため、CBDオイルを摂取するタイミングとしては、寝る直前ではなく、入浴前や夕食後などの就寝数時間前がベストとされているようです。

不眠に悩むとある男性は、寝る前に使用していた頃は寝つきが悪かったが、寝る3時間前に使用したところ、ベッドに入った瞬間スイッチを切るように眠りに落ちてしまった、とのことでした。

特に医学的な証拠があるわけではありませんが、不眠を改善するためにCBDオイルを使用する場合は、眠る数時間前に摂取するとより効果が感じられるかもしれません。

また、CBDオイルの摂取用量についても重要なポイントがあります。
睡眠改善のためにCBDオイルを使用する場合は、比較的高用量のCBDオイルを摂取した方がその効果が期待できます。

なぜなら、CBDの性質として、低用量摂取の場合は覚醒効果をもたらし、高用量摂取の場合は眠気をもたらす作用があるからです。

とある研究により、CBDは投与量によって睡眠に対して真逆の効果を持つということが証明されています。
1日当たり600mgと比較的高用量のCBDを投与された被験者は、以前に比べてより睡眠時間が長くなったとし、逆に1日あたり15mg以下と低用量を投与された被験者は、眠気よりも覚醒感を感じたと報告されたと言います。

これらの実験の結果、1日あたり160~600mgほどの高用量のCBDオイルを摂取することにより、睡眠誘発効果が期待できるとされています。

反対に低用量のCBDオイルを摂取した場合は、逆に目が覚めてしまうかもしれませんので注意が必要です。


 

トレーニングの前後にも効果的?



トレーニング

CBDオイルは、トレーニングの前後に使用するのも効果的なようです。
まず、トレーニングの前に摂取することで、集中力を高める作用が働き、よりトレーニングの質を高めることができます。

そして、トレーニングの後に摂取することで、疲労回復効果が期待できます。
トレーニング後の体調を整えるという意味でも、CBDオイルはその効果を存分に発揮してくれます。

メリーランド州にあるグリーンヘルス診療所のシヴァニ・アミン医師は以下のように述べています。
 
CBDは100%安全です。CBDには有害な副作用がなく、過剰摂取することもありません。
またCBDは抗炎症作用や神経保護作用を持つので、トレーニング前に摂取すれば、筋肉痛の緩和に役立つ可能性があります
 
またCBDはトレーニング前に摂取しても、鎮静されたり、疲労感を感じたりすることはありません。
CBDはストレスや不安感情を軽減することができますが、一部にはCBDの摂取後に刺激性の反応を示したり、より覚醒感を得たりする人もいます。
そうすると、よりトレーニングに集中できるでしょう


上述しましたが、CBDの性質として、低用量を摂取した場合には覚醒作用をもたらし、高容量を摂取した場合はリラックス作用があるとされています。
そのため、トレーニング前に摂取する際は低用量、トレーニング後に摂取する場合は高容量というように使い分けて摂取するとよりCBDの効果が期待できます。


 

高純度のCBDの方が効果的とは限らない



CBDオイル

CBDオイルの種類には、CBD(カンナビジオール)をメインとした純度の高い製品と、他の植物成分とCBDを混ぜた製品とがあります。

一見するとCBDをメインで配合した製品の方がより効果が高いように思えますが、実は天然のハーブや漢方などが配合された製品の方がより有用性が高いことがわかっています。

2015年にイスラエルのエルサレム大学が発表した研究成果によれば、精製CBDの投与量を増やしていくと、ある一定の量でそのパワーがピークに達し、それ以降は用量を増やしても反応は低下していくと言う現象が発生することがわかったそうです。
これを「アントラージュ現象」といいます。

つまり、純粋なCBDのみの製品では、その効果に限界があるということです。
そのため、CBDにハーブや漢方などといった植物エキスの成分を数多く配合することで、限界があったCBDの効能はより高まっていくということが証明されました。

欧州大手CBD会社のエンドカ社も、以下のように述べています。
 
言うまでもなく、植物エキスは、単一成分のものよりも医学的効能に優れていることが分かったのです。
この現象については、ハーブやその他植物に含まれる様々な成分が互いに働きかけ合うことで、相互相乗効果を生み出しているからです。
つまり、どんな単一成分よりも、様々な成分の組み合わせのほうが効果的であるということなのです。


そのため、より効果を求めるのであれば、成分表をチェックし、植物成分がブレンドされた製品を選ぶようにしましょう。

「純度〇〇%」などと製品に記載があった場合、その数値が高い方がより効果も高いように思いがちですが、高純度=高い効果というわけではありませんので注意が必要です。


 

CBDオイルの効果的な摂取法まとめ

 
☑ より効果が高い摂取方法は「舌下摂取」もしくは「吸引摂取」
☑ 最も効果的な摂取タイミングは空腹時
☑ 摂取量は1日2回の使用で25mgが一般的
☑ 低用量摂取の場合は覚醒効果をもたらし、高用量摂取の場合は眠気をもたらす
☑ 植物エキスが配合されている製品の方がより有用性が高い

オススメのCBDオイル

  • 麻の一滴

    【NatuLo(ナチュロ)】麻の一滴 CBD300mg 30粒

    商品概要
    商品タイプ 錠剤タイプ 価格 1,980円
    CBD含有量 300mg ブランド NatuLo(ナチュロ)
    口コミ評価 ★★★★★ ランキング 第1位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第6位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第9位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

売れ筋

麻の一滴
今最も支持されているCBDオイルはこれ!

CBDオイル人気ランキング

  1. 麻の一滴
    1位
    NatuLo(ナチュロ) 【NatuLo(ナチュロ)】麻の一滴 CBD300mg 30粒
    錠剤タイプ 300mg 1,980円
  2. 	CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    オイルタイプ 1000mg 14,390円
  3. CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    オイルタイプ 500mg 6,980円

人気記事ランキング

  1. 麻の一滴CBD
    1位

    麻の一滴CBDで頭痛は治る?実際に頭痛持ちが効果を検証してみた 121view

  2. リラックス
    2位

    いつどれくらい飲めば良い?CBDオイルの効果的な摂取方法 95view

  3. カルテ
    3位

    CBDオイルが不眠に効果的な理由は?そのカギは”自律神経”にあった 82view

  4. 4位

    驚愕!ナイトライフにCBDを使ってみたら驚きの効果が・・・ 77view

  5. ドンキホーテ
    5位

    CBDオイルはドンキに売ってる?偽物じゃない?実際に調査してみた 69view

  6. ヘンプタッチ CBDオイル
    6位

    【検証】『CBDオイルが過食症に効果的』は、本当なのか検証してみた。 55view

  7. コカ・コーラ
    7位

    米コカ・コーラ、大麻飲料事業への参入を検討 41view

  8. ヘンプタッチCBDオイルAmber
    8位

    【検証】「ヘンプタッチCBDオイルAmber」で-3キロ痩せられるか 38view

  9. 長渕剛
    9位

    長渕剛に田中聖…大麻逮捕歴のある芸能人8選 20view

  10. お酒
    10位

    酒は飲んでも飲まれるな!CBDが禁酒に効果的って本当? 11view