まさに新感覚…CBDのリラックス効果にハマる人続出!

まさに新感覚…CBDのリラックス効果にハマる人続出!

非テトラヒドロカンナビノール (THC)の医療大麻として効果を期待され、各国で注目を集めているCBD。 てんかんや不眠症を改善する効果が認められたことで様々な病気の治療法としてフォーカスされています。またCBDは、自律神経を整える効果が期待されており、CBDを用いたリラックス法や精神疾患などに注目が集まっています。このページでは、ストレスによる心身的悪影響と、リラックスの重要性を記しています。


 


 

CBDとは?

 

 

CBDとはカンナビジオールの事で、大麻植物に含まれる有害物質を除いた成分を指します。大麻草と聞くと、「違法、危険」と構えてしまいますが、CBDは日本国内で違法となるTHC成分(向精神作用があるため国内では違法となる)が入っていない大麻の種や茎の部分から抽出して作られるため、日本国内でも合法的に利用することができます。幅広い効能が期待されるため、私たちの健康を支える可能性が高いとして世界的に注目を集めています。
 

 

リラックスと健康の関係性

 

健康な身体でいる為には、適度な休養が必要不可欠だというをご存知でしょうか。睡眠などの身体的休養だけでなく、心を穏やかにする精神的な休息も含まれています。リラックスできない状態が続くと、人々は体調を崩したり、精神的病に侵される危険性があるのです。

 

リラックスと深いかかわりを持っているのが、自律神経です。自律神経は、交感神経と副交感神経の事を指します。この2つの神経は昼夜に分かれて、入れ替わりで活発になっており、それぞれ役割が異なっています。

 

人々が活動的に動いている時間である昼は、交感神経が優位になります。

交感神経は、呼吸・血液循環・消化などを無意識に調節する働きを持っています。行動に合わせて、心臓の動きも多くなり、体内も活発に働きます。緊張を感じたり、反射的に動作に移せるのは交感神経のおかげなんですね。

 

反対に、副交感神経は夜に優位になります。昼間、活発に働いた身体を休息させようとする働きを持っています。きちんと副交感神経がはたらいていると、良質な睡眠がとれたり、体の免疫力をたかめることができます。副交感神経を活発にしてあげることで、身体はリラックスし、心身ともに健康を保つことができるのです。

 

臓器機能も優位に立つ神経によって働きが変わってきます。下記で簡単に分類してみました。

 

 

 
臓器の動き
臓器 交感神経 副交感神経
興奮、緊張 静まる、睡眠欲
心臓 拍動が早くなる 拍動が遅くなる
膵臓 インスリンの分泌 インスリンの分解
肝臓 グリコーゲン分解 グリコーゲン合成
消化吸収機能抑制 消化吸収機能促進

 

 

自律神経(交感神経と副交感神経)は、交互に入れ替わりを行い私たちの健康を支えてます。しかし、どちらかが活発になりすぎる等で、バランスが乱れると 倦怠感・冷え・頭痛・胃痛・不眠・うつ・免疫力低下など、心と体に様々な悪影響をもたらします。有名な病気として、自律神経失調症などがあげられ、日常生活がままならない程に悪化する可能性があるのです。

 

2つの神経のバランスが乱れる原因としては、過度なストレス・肉体疲労・不規則な生活が主だとされています。

現代は、ストレス社会と呼ばれているほど、心身への負担が大きい世の中。バランスが乱れる可能性は非常に高いのです。日本人の間では特に、副交感神経の働きが弱まっている傾向にあるようです。健康な身体を維持するには、自ら生活を見直し、リラックスできる環境を作る事が大切だとされています。

 

 

ストレスが原因で起こり得る症状一覧

 


 

ストレスをため込みすぎると、自律神経が乱れ様々な悪影響を及ぼします。

体と心の両方に影響を及ぼしますが、具体的にはどんな症状が現れるのでしょうか?下記では具体的な症状を一覧にしています。

 

肩こり

 

嫌な事や、締め切りが制限されている物事を行っている時、人々は強いストレスを感じるようです。

ストレスを感じることで、交感神経が優位となり身体は緊張状態に陥ります。血管が狭くなり、血流が悪くなるのです。筋肉を堅くさせ、こりにつながる。そういった積み重ねが肩こりを引き起こします。

一度現れた肩こりは慢性化するケースも多く、ストレスによる影響が肩から現れるという人も多いようです。肩こりは悪化すると頭痛にも繋がるため、症状が現れたら早めの対処を行うのが良いでしょう。

 

頭痛

 

ストレスによる頭痛は緊張型頭痛と呼ばれています。頭全体が締め付けられるような痛みが特徴です。頭全体・後頭部・首筋などに症状が出やすい頭痛です。

デスクワークなど、同じ姿勢で作業をする人に多く見られるとされています。

 

緊張型頭痛は首筋から肩や背中にかけて、緊張状態が続くことが原因で起こります。筋肉が固くなるため、血流が悪くなり老廃物が溜まりやすくなるのです。首周りのストレッチや、温めることで痛みは軽減されますが、慢性化すると緊張状態でなくとも頭痛を引き起こしてしまうほど悪化します。

 

腹痛

 

大事な予定の前や、嫌なことがあった時、キリキリとした腹痛を感じた事はないでしょうか?この腹痛も、ストレスがもたらす悪影響なのです。

強いストレスにより、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)というものが大量に分泌されると言われています。CRHはリラックスしようと副交感神経に働きかけ、大腸は活発な動きを見せますが、この活動的な動きが腹痛を引き越してしまいます。

 

倦怠感、疲労

 

これは、運動をした後に感じる疲れではなく、行動していなくても感じる物を指します。疲労や倦怠感は精神的な症状に分類されます。

 

倦怠感や疲労が溜まっている状態は、身体的影響も大きく、病気にかかりやすかったり、免疫力の低下により悪化させやすいというデメリットが多数存在します。長い期間倦怠感を感じているのであれば、慢性化しているか可能性が高いため早急な処置が必要だと言えるでしょう。放置しておくとうつ病や、不安障害など精神疾患を引き起こします。

 

うつ

 

うつ病はストレスと大きく関係していると言われており、多大なストレスを感じ続けるとうつ病を発症しやすくなる傾向にあるようです。

 

ストレスを感じる事柄には個人差があり、同じ状況下にあってもストレスと感じない人もいる為、発症原因には差が大きいとされています。

うつ病を発症する前には倦怠感だけでなく、身体の不調や睡眠障害を引き起こす場合が多く、身体がSOSを出している事が多いです。

 

自律神経失調症

 

自律神経の乱れが原因となり、引き起こさせる症状です。

自律神経失調症は心身ともに症状が現れる病気です。身体的な症状としては、だるさ・めまい・動機・不眠・耳鳴り・手足のしびれなどがあげられます。疲れがたまっている、と自己判断する人も多いですが、心身的にも症状が顕著に表れる為、自己対処しきれない精神状態を指します。

精神的な症状としては、イライラ・落ち込み・不安・あせり・感情が乱れる などが挙げられます。

 

 

こういった症状が身体に現れると、さらにストレスが溜まる原因となり、悪化するおそれがあります。

改善方法としてはストレスの源を断つこと。もしくは、日常生活でリラックスする時間や環境を搾取し、自律神経を整えてあげる事が大切です。

 

 

 

CBDを摂取すると深いリラックス効果が期待できる

 


 

 

CBDは神経伝達物質を補助する


CBDはリラックス効果に高い期待が持てる為、日常生活に取り入れやすいアイテムだと言えるでしょう。

 

CBDの成分であるカンナビノイドは、神経伝達物質に分類されます。

神経伝達物質というと、ドーパミン・アドレナリン・セロトニン・エンドルフィンなどが挙げられますが、カンナビノイドはこれらの神経伝達物質を補助する役割をもっており、高い効果が期待できるとされています。全身の神経伝達物質を正常し、自律神経を整えてくれる効果が期待できるようです。



 

実際に不安障害に関するCBDの研究

ドイツでは不安障害を持った人に対して、ビデオカメラの前でスピーチをお願いするという実験を行いました。
過剰に不安を感じてしまう彼らにとっては、精神的負担が大きく、ミスの回数が多いだろうと予想されていました。

ですが結果は予想されたミスの回数が大幅に減ったそうです。これはCBDの効果だとされています。さらに、認知機能障害・不安・不快が著しく減少し、不安障害の改善が確認されています。

 

臨床研究では、ビデオカメラの前でスピーチする方法で行われ、主観的な不安が減少するかどうかの手順で実施した。
結果は、CBDと2つの抗不安薬(ジアゼパム、イプサピロン)の両方とも不安が減衰した。
引用元:佐藤均(2015). カンナビノイドの化学 筑地書館 91

 

上記のように、CBDには不安をやわらげ、落ち着いた精神状態を取り戻せる効果があるとされています。てんかんや、癌治療などに目が向けられがちですがCBDは、心的障害の治療法としても高い効果を発揮するだろうと言われているのです。

 

 

 

おすすめの使用タイミング


 

リラックスを目的とした場合、どのタイミングでCBDを利用するのが効果的なのか?ご紹介致します。

下記ではいくつかの使用タイミングを掲載しておりますが、

 

 

就寝前に

 

質の良い睡眠は、日中の仕事の効率や生産性をも左右します。ストレスの多い現代だからこそ、上手く生き抜くために質の良い睡眠をとりたいですよね。

 

CBDの使用感について、インターネット上の使用談をみてみると、

「朝スッキリ起きられるようになった。」「久しぶりにぐっすり眠ることができた。」

など、CBDを使用した人の多くが睡眠の質の向上を感じているようです。

 

睡眠は、ノンレム睡眠とレム睡眠の繰り返しだといわれてます。

ノンレム睡眠は深い眠りで、明け方になると短くなるといわれており、レム睡眠は浅い眠りで、明け方になると長くなるとされています。


夜ぐっすり眠ることができ、朝心地よく起きられるのはこの2つの睡眠が、乱れることなく睡眠リズムを維持しているからなんですね。CBDを摂取することで、深いリラックス状態に陥るため、睡眠導入がスムーズになります。その結果2つのリズムが整いやすいのでしょう。整った睡眠は、自律神経を正常に戻す効果もあり、翌日のパフォーマンスも上がるとされているようです。

 

さらに、CBDは不眠体質の人にも効果を発揮する可能性が高いとされています。なかなか寝付けなかったり、夜全く眠れないという症状の事を、不眠症と言います。ストレスを抱える多くの人が不眠に悩まされ、眠れない事が更なるストレスを引き起こしているようです。

 

就寝前にCBDを摂取すると、自律神経が整えられるため副交感神経が優位になります。脈拍を遅くし、血圧を低くする効果があるとされている為、入眠しやすい体内環境を作れるようです。

 

 

イライラや悲しみなど、感情の起伏が激しい時に

 

感情が高ぶり、興奮している状態は交感神経が活発になっている証拠です。感情的になるという事は、判断力を鈍らせたり、自身を客観視することができなくなります。

そういった感情を穏やかにするために、CBDを用いるのは効果的だと言えるでしょう。感情を抑制することはできませんが落ち着いた気持ちになれる為、冷静に物事を考えられるようになると言われています。

 

こういったストレスを溜め込むと、自律神経が乱れ身体の不調の原因になったり、防衛反応から太りやすくなってしまいます。また、身体の不調だけでなく、精神面にも悪影響を及ぼし、うつや神経症など、心の病気になる可能性があります。こまめにリラックスし、緊張をほぐしてあげる事が大切だと言えるでしょう。

 

 

仕事の合間や、大事な会議の前に

 

 

大切な会議やプレゼンテーションの前にCBDを摂取することは、緊張和らげるのに非常に効果的だといえるでしょう。上記項目、“CBDを摂取すると深いリラックス効果が期待できる”にて、取り上げた演説スピーチの実験結果からみると、緊張に対して高い効果が期待できると言えます。リラックス効果と聞くと、自宅で使用する物とイメージしがちですが、CBDはこのような場面でも、有効的に使用することができるといえるでしょう。

 

ストレスをため込むと、脳が働きにくくなり効率の低下に繋がります。仕事の息抜きにCBDを使用すると、神経が刺激され集中力が上がるため、効率アップに繋がります。ただ摂取量が多すぎると、過剰にリラックスしてしまい眠気を誘う可能性があるため、摂取量には注意したほうが良いでしょうね。

 

 

CBDとリラックスまとめ

 

ストレスがもたらす身体的・精神的な影響は、私たちの日常生活をも脅かします。軽い症状だからと甘く見ていると、重い病気を発症する可能性も非常に高いのです。CBDは手軽に摂取でき、健康面での様々な効果が期待できるため、サポートアイテムとしては利点が多いと言えるでしょう。

 

心身ともに健康でいいる為にも、リラックスを日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

オススメのCBDオイル

  • 麻の一滴

    【NatuLo(ナチュロ)】麻の一滴 CBD300mg 30粒

    商品概要
    商品タイプ 錠剤タイプ 価格 500円
    CBD含有量 300mg ブランド NatuLo(ナチュロ)
    口コミ評価 ★★★★★ ランキング 第1位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第6位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第9位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

売れ筋

麻の一滴
今最も支持されているCBDオイルはこれ!

CBDオイル人気ランキング

  1. 麻の一滴
    1位
    NatuLo(ナチュロ) 【NatuLo(ナチュロ)】麻の一滴 CBD300mg 30粒
    錠剤タイプ 300mg 500円
  2. 	CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    オイルタイプ 1000mg 14,390円
  3. CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    オイルタイプ 500mg 6,980円

人気記事ランキング

  1. 麻の一滴CBD
    1位

    麻の一滴CBDで頭痛は治る?実際に頭痛持ちが効果を検証してみた 121view

  2. リラックス
    2位

    いつどれくらい飲めば良い?CBDオイルの効果的な摂取方法 95view

  3. カルテ
    3位

    CBDオイルが不眠に効果的な理由は?そのカギは”自律神経”にあった 82view

  4. 4位

    驚愕!ナイトライフにCBDを使ってみたら驚きの効果が・・・ 77view

  5. ドンキホーテ
    5位

    CBDオイルはドンキに売ってる?偽物じゃない?実際に調査してみた 69view

  6. ヘンプタッチ CBDオイル
    6位

    【検証】『CBDオイルが過食症に効果的』は、本当なのか検証してみた。 55view

  7. コカ・コーラ
    7位

    米コカ・コーラ、大麻飲料事業への参入を検討 41view

  8. ヘンプタッチCBDオイルAmber
    8位

    【検証】「ヘンプタッチCBDオイルAmber」で-3キロ痩せられるか 38view

  9. 長渕剛
    9位

    長渕剛に田中聖…大麻逮捕歴のある芸能人8選 20view

  10. お酒
    10位

    酒は飲んでも飲まれるな!CBDが禁酒に効果的って本当? 11view