タイで医療大麻約10,000本を配布する計画|広がる大麻研究と法整備

タイで医療大麻約10,000本を配布する計画|広がる大麻研究と法整備


2019年8月7日、タイ政府は医療用大麻オイル約10,000本を配布する計画を発表しました。
それとともに、医療大麻の研究を促進させる法についても新たに整備される予定であることが分かっています。

 

2018年末、東南アジア初となる医療大麻合法化




2018年12月、タイ政府はプラユット・チャン・オチャ首相の承認を得て、医療大麻を合法化しました。

大麻産業リサーチ会社のプロヒビジョン・パートナーズによれば、この内閣の主要メンバーは、5年以内に6億6100万ドル(約660億円)の成長が見込まれるタイの大麻市場の完全合法化を推進しているとのことです。


「タイの誇り党」の党首アヌティン・チャーンウィーラクーン氏は、大麻合法化という公約を実現するために、プラユット首相の与党連合結成への協力を表明しました。
そして、7月10日、新設内閣においてアヌティン氏が副首相兼公衆衛生大臣に就任したことで、このような動きの見通しはさらに高まっています

6月21日発表の党の声明にて、アヌティン氏は「医療大麻の認可を受けた人でも大麻に簡単にアクセスすることが困難な、現在の規制を撤廃しようと考えている」と述べています。




 

医療大麻の研究を促進させる法整備




アヌティン氏は、大麻を必要とする人々がより広く利用できることを目指し、タイの医療大麻に関する法改正、および「栽培法」の樹立を目指すと語っています。

具体的には、以下の2つの省令を改正する予定となっています。


 

①3,000人の民間医療従事者が医療大麻を処方できるようにする

アヌティン氏は第一に、3,000人の民間医療従事者が、タイの麻薬法に基づいて処罰されることなく、医療大麻を処方できるようにするための法を整備する予定とのことです。


現在タイ国内では、認定医師、歯科医、専門医療従事者のみが、病気の患者に対して医療大麻を処方することができます。
3,000人の民間開業医については、「専門家」としては法的に定義されていないのが現状です。

「医療専門家」とみなされるためには、タイの公衆衛生省から承認を得るために、特別な手続きを踏む必要がありました。


こうした現状を受けてアヌティン氏は、民間医療従事者に関しても、医療大麻を患者に処方できるよう法を整備する予定です。


 

②タイの必須医薬品リストに大麻を追加

必須医薬品リストには、代表的な疾患の治療と予防に必須となる、医薬品やワクチン、放射線物質、消毒関連品が掲載されています。

このリストに大麻ベースの医薬品を組み込むことにより、
  1. 他の一般的な処方薬と同様に規制を厳しくすること
  2. 治療薬として大麻を求めている人などに広く利用できるようにすること

を目的としています。


リストに掲載された医薬品は、「ゴールドカード」ユニバーサルヘルススキーム、社会保障基金、および公務員の医療プログラムに属する人口の大部分が利用することができます。



 

1万本の医療用大麻オイルを配布




政府医薬品機構(GPO)は、8月7日に医療用大麻オイル1万本を配布する計画を発表しました。

まず、4,500本の医療用大麻オイル5ml瓶を公衆衛生省に配布し、約4,000人の登録患者が使用できるよう病院へ配布されます。
そして残りの5,500本は、必要に応じて随時病院へ運ばれることとなるようです。


GPOの専務理事であるWithoon Danwiboon氏によると、この医療大麻オイルは、化学療法によって引き起こされる「てんかん」、アルツハイマー病、パーキンソン病、慢性疼痛、吐き気を患う患者の治療に使用される予定とのことです。




 

2020年までに15~20万本の大麻オイルの生産目指す




GPOは、2020年までに15~20万本の大麻オイルの生産を目指すと発表しました。
GPOは来月、第2弾の大麻栽培を開始します。2020年までに大麻の生産を温室栽培に拡大する見通しです。

Withoon氏はこれについて、「供給不足なので生産を急がなければならない」と述べています。


タイの主要産業の1つは農業であり、2016年には国のGDPの約10%を占めています。

同国政府は、医療用大麻産業の発展を、農村地域に経済的機会を創出するための最優先事項としたと述べています。



 

タイから世界へ!今後のさらなる動きに期待

実は、ラオス、カンボジア、ベトナム、ミャンマーなどといった大麻の利用が黙認されている国では、マリファナを栽培したがっているタイ人も少なくないそうです。
こうした国々の首相たちは、『タイが合法化を進めれば、わが国も進める』と表明しているとか。

つまりは、タイで動きがあれば、東南アジア地域全体、そして世界全体も動くかもしれないということです。


実はタイには何世紀も前から、筋肉をほぐし、疲労や陣痛を治療するために大麻を使用する伝統文化がありました。

このようなタイでの医療大麻計画がうまく進めば、他の東南アジア諸国もその後に続き、ひいては世界全体の薬物への意識を変化させることにもなり得るかもしれません。

タイ政府の今後に期待ですね。




 

オススメのCBDオイル

  • 麻の一滴

    【NatuLo(ナチュロ)】麻の一滴 CBD300mg 30粒

    商品概要
    商品タイプ 錠剤タイプ 価格 500円
    CBD含有量 300mg ブランド NatuLo(ナチュロ)
    口コミ評価 ★★★★★ ランキング 第1位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第6位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

  • CBDオイル CBD含有量300mg

    【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量300mg 3%濃度

    商品概要
    商品タイプ オイルタイプ 価格 4,700円
    CBD含有量 300mg ブランド Hemptouch (ヘンプタッチ)
    口コミ評価 - ランキング 第9位

    この商品の口コミ・最新情報を見る

売れ筋

麻の一滴
今最も支持されているCBDオイルはこれ!

CBDオイル人気ランキング

  1. 麻の一滴
    1位
    NatuLo(ナチュロ) 【NatuLo(ナチュロ)】麻の一滴 CBD300mg 30粒
    錠剤タイプ 300mg 500円
  2. 	CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量1000mg 10%濃度
    オイルタイプ 1000mg 14,390円
  3. CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    1位
    Hemptouch (ヘンプタッチ) 【Hemptouch】CBDオイル CBD含有量500mg 5%濃度
    オイルタイプ 500mg 6,980円

人気記事ランキング

  1. 麻の一滴CBD
    1位

    麻の一滴CBDで頭痛は治る?実際に頭痛持ちが効果を検証してみた 121view

  2. リラックス
    2位

    いつどれくらい飲めば良い?CBDオイルの効果的な摂取方法 95view

  3. カルテ
    3位

    CBDオイルが不眠に効果的な理由は?そのカギは”自律神経”にあった 82view

  4. 4位

    驚愕!ナイトライフにCBDを使ってみたら驚きの効果が・・・ 77view

  5. ドンキホーテ
    5位

    CBDオイルはドンキに売ってる?偽物じゃない?実際に調査してみた 69view

  6. ヘンプタッチ CBDオイル
    6位

    【検証】『CBDオイルが過食症に効果的』は、本当なのか検証してみた。 55view

  7. コカ・コーラ
    7位

    米コカ・コーラ、大麻飲料事業への参入を検討 41view

  8. ヘンプタッチCBDオイルAmber
    8位

    【検証】「ヘンプタッチCBDオイルAmber」で-3キロ痩せられるか 38view

  9. 長渕剛
    9位

    長渕剛に田中聖…大麻逮捕歴のある芸能人8選 20view

  10. お酒
    10位

    酒は飲んでも飲まれるな!CBDが禁酒に効果的って本当? 11view